ミネラルって何?

・鉱物性栄養素
 ミネラルたっぷりの天然水・・・なぁーんて言われると、
「おお、健康によさそう」とか思いますよね。ところで、
よく聞く「ミネラル」って、一体何?
知ってるようで詳しく知らないミネラルについて書いて
みましょう。
 ミネラルとは鉱物性栄養素のこと。カリウム、リン、鉄、
ナトリウム、マンガン、銅、コバルト、塩素、亜鉛、
セレニウム、イオウ、モリブデンなどです。微量ながら、
人体には必要なものばかりです。


・カルシウム、鉄、マグネシウム

 あなたの周囲に、やたらイライラしていたり、怒りっぽい、
キレやすい人はいませんか? その人はひょっとしたら
カルシウム不足かも。小魚、牛乳、チーズに多く含まれ、
成人体内に約1kg存在するカルシウムが不足すると、骨や
歯が弱くなり、神経過敏になります。
 貧血気味で疲れっぽいお姉さん。鉄分、不足してませんか? 
赤血球のヘモグロビンに含まれる鉄は、酸素を運搬し、
血液の酸素を細胞に取り入れる重要な働きをしています。
卵、のり、きな粉、煮干しに多く含まれています。
 神経が興奮しやすく、カッカして議論をフッかけたり、
悪口雑言を吐き散らかす某政治家や某タレントいますよね。
あれってマグネシウム不足かもしれません。魚肉類、
バナナ、ほうれん草などに多く含まれています。

・セックスミネラル

 亜鉛は別名、セックスミネラルと言い、前立腺の働きを
正常にし、ホルモンの分泌をよくします。これを多く含む
のがニンニクです。
 ニンニクに含まれるスコルニジンは、精子の増殖を促す
働きをするので、
子供をつくろうという時に役立ててください。
 甲状腺ホルモンや基礎代謝と関係が深いヨウ素は、
海草に多く含まれてい
ます。海草は化学物質や悪玉コレステロール、脂肪などを
排除し、血管や体細胞の老化を防ぎます。ニンニク入り
ワカメスープでも作ってみてはいかがでしょう?
posted by kyomaro at 12:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。