麦ごはんを食べよう

 山梨県上野原村棡原(ゆずりはら)は、日本
屈指の長寿村なのだそうです。山また山の地域なので、
とれるものといえば「麦・いも・ヒエ・粟」など。
村人は玄米・胚芽米・麦ごはん・雑穀(ヒエ・アワ)が
主食で、野菜と海藻、魚を多く食べているといいます。
この食事+農作業などで坂道を上り下りしていれば、
健康維持の手本のような暮らしだと思います。
 日本人の腸はアングロサクソンより長く、穀類を
食べるようにできていて、肉食には向かないそうです。
私たちもごはんに麦割(大麦)を混ぜて食べつづけ、
体質改善してみませんか?
 麦割は食物繊維が精白米の10倍以上、さつまいも
の5倍もあり、整腸作用抜群です。他にカルシウムが
精白米の4倍、鉄分が2倍と骨粗しょう症や貧血の
予防など、女性にとってありがたい栄養素ですよね。
 また、大麦の食物繊維は、小腸でコレステロールを
吸収し、肥満や糖尿病予防にも役立ちます。血圧上昇
を抑えたりもします。
 麦ごはんにとろろをざっとぶっかけて、腹中へ流し
込むのは美味いですよね。仙台名物牛タン定食という
テもありますよ。
posted by kyomaro at 12:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。